身在东京,心在上海。

身在東京,心在上海。

こじらせ女子大生が暗号通貨・ブロックチェーンや中国についてゆるーく語ります。

私がハマった中国ドラマ

こんにちは。こじらせ東大女子(@icotaku_utgirl)です。

 

今回は私がハマった中国ドラマをいくつか紹介します。

元々は、去年の夏中国にいた時、滞在していたホテルのテレビをつけたところ、ちょうど放映していた「我的前半生」というドラマにハマってしまい、帰国後も続きを観ていたところからハマりました。そこからBaiduで流行った中国ドラマを探してはYoutubeで観るのが日課となりました笑

そもそも中国ドラマの魅力は何なのでしょう。私は以下の3点だと思います。

  • 中国語の勉強になる(特にリスニングと現代特有のスラングが身につく)
  • 中国の社会事情が垣間見える
  • 強くて美しい女性が活躍する姿が見られて元気になれる

特に3点目は中国の女性像をよく表していると思います。バリキャリ思考の女子にとってロールモデルのような人物に出会えます。(ただしどのキャラも完璧すぎてやや怖いです笑)

 

では早速私が観てきたドラマを紹介します!

欢乐颂/欢乐颂2(Ode To Joy)

ã欢ä¹é¢ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

舞台は上海。欢乐颂小区(集合住宅のようなもの)の22階に住む5人の女性のキャリア、友情、恋愛模様を描いたドラマ。シーズン1と2があります。

5人の女主人公たちは、中国では「五美」と呼ばれ、よく視聴者の間では「五美」のうちどの女性に共感するか、どの女性がタイプかなどという会話をしていました。帰国子女のエリートキャリア女子、アネゴ系セクシー女子、夢見る恋愛体質女子、優等生女子、おてんばお嬢様女子と、異なる五人が揃っていて見応えがあります。そして男性陣もかっこよく目の保養です。

 

那年花开月正圆(Nothing Gold Can Stay)

ãé£å¹´è±å¼ææ­£åãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

舞台は清王朝時代の陕西省(今の西安のあたり)。低い身分出身でありながら、地元の一大商家にとつぎ、数々の困難を乗り越えながら、持ち前の機転とチャレンジ精神で一家を繁栄に導いた女性の物語。清朝の装束が実に美しいです。(衣装にいくらお金かけたんだろうって感じ)

 

谈判官(Negotiator)

é¢é£ç»å

交渉官(Negotiator)として活躍する才色兼備の女性と、わがまま坊やに見せかけて実は有能で芯のある青年とが、幾多の波乱を乗り越えて幸せになる話。ヒーローがヒロインを食事に強制連行したり、無理やり飛行機に乗せて拉致したりと、やや乱暴だったので、個人的にはあまり好きではない笑 でも写真を見てわかる通り、二人ともすっっごい顔が美しいです。

 

微微一笑很倾城(LOVE O2O/シンデレラはオンライン中)

ã微微ä¸ç¬å¾å¾åãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

名門大学に通う二人の大学生がオンラインゲームで知り合い、一緒にプレイしているうちに意気投合。リアルでも出会いを果たし至極順調に恋愛するという物語。中国ドラマには珍しく順風満帆で、話自体は面白くないですが、主人公カップルが(見た目も中身も)美しくお似合いすぎるので最後まで観られます。笑

 

因为遇见你(Because of You)

ãå ä¸ºéè§ä½ ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

刺繍の大家である一家に生まれたお嬢様が、とある事件をきっかけに失踪して記憶を失い、様々な困難に見舞われながら、生まれながらの刺繍の才能で成功を収めていくという物語。こんなに画面が美しいのに、悪役の女性(右端のシルバーのワンピを着た人)のおかげで物語はドロッドロ。想像を絶するほどにドロッドロです。笑 

ちなみに私のアイコンはこのドラマの主演をつとめる孙怡(スン・イー)さんという方です。私本人ではないのでSCAMですね。笑

 

我的前半生(The first half of My Life)

ãæçååçãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

高収入の夫と可愛い息子に囲まれ、8年間優雅な専業主婦生活を送ってきたヒロインが、突然夫の不倫で離婚を切り出され、不幸のどん底に突き落とされるも、親友と親友の彼氏の助けを借りながらキャリアを築き、独立した立派な女性になっていくという物語。女主人公を演じる女優さんがアラフォーとは思えないほど可愛い。そして、その親友が外資コンサルでマネージャーとしてバリバリ働くキャリアウーマンで、とっても男前。

でもヒロインとその親友の彼氏との間に色々起こってしまうので、こちらも話自体はドロッドロです。笑

 


 

いかがでしたでしょうか?ドロッドロのドラマが多めですが、面白そう〜と思ったものがあればぜひご覧ください。どれもYoutubeで英語字幕がついたものがあったはずです。

 

次回からはいずれかのドラマを取り上げて、あれこれレビューしていこうと思います。では再见~!(なんだか中国の駐妻さんのブログっぽくなりそうな予感がします。笑)