身在东京,心在上海。

身在東京,心在上海。

こじらせ女子大生が暗号通貨・ブロックチェーンや中国についてゆるーく語ります。

ブロックチェーン初心者に捧ぐ:つかんでおくべきブロックチェーンの全体像から周辺ビジネス概観、オススメの勉強法まで

こんにちは。こじらせ女子(@icotaku_utgirl)です。

よく周りから「ブロックチェーンを勉強したいがどこから始めれはいいのか「ブロックチェーンを勉強するとき、何を参考にすればいいのか」といった質問を受けることがあります。そこで今回は、ブロックチェーンを勉強する上で掴んでおくべき全体像を説明した上で、参考にすべき書籍やニュースメディア、KOL(Key Opinion Leader)等を紹介したいと思います。

そもそもブロックチェーンとは何か:つかんでおくべき全体像

f:id:korilakkuma123:20190120145358j:plain:w400
ブロックチェーンといってもまだ私達の日常生活との関わりは薄く、日本では仮想通貨の投機の流行やハッキング事件の発生もあったので、「技術寄りで仕組みはよくわからないけど、仮想通貨に関わっていてリスキーなもの」といった負の印象を抱いている人も少なくないかもしれません。私自身も「ブロックチェーンということはビットコインを勉強しているの?」「なぜブロックチェーンだけではなくて仮想通貨が必要なの?」と聞かれることもあり、ブロックチェーンと言えば仮想通貨やビットコインを連想する人が多いように思います。

そんな人にはブロックチェーンの全体像ブロックチェーンと仮想通貨の関係をざっくり理解した上で、勉強をすすめて欲しいと思います。

ブロックチェーンとは

ブロックチェーンとは簡単に説明すれば、特定の中央集権的管理者ではなく複数の管理者によって管理・維持されているネットワークです。例えば銀行では、その金融機関自身が振込などの取引の成立を承認し、一元的に台帳を管理していますが、ブロックチェーンでは複数のコンピューターで取引を承認し、同じ台帳を共有・管理しています。なお狭義のブロックチェーンは、承認された取引情報が格納されたブロックが数珠つなぎになったものを指します。
ブロックチェーンはビットコインを支える技術ではありますが、ビットコイン以外にも様々な種類が存在します。大まかには取引の承認や台帳の維持・管理に誰でも参加できるか否かで、パブロックチェーンプライベート/コンソーシアムチェーンの二種類に別れます。

パブリックチェーン

誰でも参加できる(パーミッションレスな)パブリックチェーンでは、悪意のある参加者も含まれる恐れがあるため、それらを排除し正しい取引の承認を促すような合意形成方法およびインセンティブ設計コンセンサスアルゴリズム)が必要となります。このコンセンサスアルゴリズムが、PoW(Proof of Work)PoS(Proof of Stake)と呼ばれるもので、取引承認に対して与えられる報酬が仮想通貨です。つまり仮想通貨はネットワーク上でやり取りされる通貨でもあり、ネットワーク維持に貢献した者に付与される報酬でもあるのです。よってネットワークで送金を行う者は利用料としてこの報酬を負担する必要があり、この報酬を取引実行者から手数料として、または新たな通貨の発行により獲得する行為がマイニングです。

パブロックチェーンの代表例はビットコインイーサリアムです。ビットコインはもっぱら決済に使われますが、イーサリアムは「Aという条件を満たせばBを実行する」というような条件をコードで書いて自動執行させる機能(スマートコントラクト)を持ちます。例えばイーサリアムを用いたICOでも、例えば特定のアドレスに1ETHを送ると10XYZトークンを発行し送り返す、というようなスマートコントラクトが書かれています。他にも予測市場やP2Pレンディングなど、様々な領域でスマートコントラクトは活用されています。

ryuさんのMedium記事のパブリックチェーンの説明が非常にわかりやすいので、こちらもあわせてご覧ください。

medium.com

パブリックチェーンのメリット:

  • 中央集権的な管理者による検閲や改竄を受けない。
  • 複雑な暗号学的計算によって取引の正しさが担保されているため、悪意のある参加者が一度承認された取引を改竄することはほぼ不可能である。
  • 取引台帳が公開されており透明性が高い。  

パブリックチェーンのデメリット:

  • 台帳が公開されておりプライバシー保護の問題がある。
  • 取引承認に関わる参加者が多く合意形成(取引の成立)に時間がかかる。
  • ネットワークが混んでいる時には高い手数料(マイニング報酬)を支払う必要がある。

分散性・安全性・スケーラビリティパブリックチェーンのトリレンマとも言われていますが、パブリックチェーンの代表格であるビットコインとイーサリアムは、分散性と安全性に優れている一方でスケーラビリティ(処理速度)に課題を抱えています。分散性や安全性をできるだけ保ちながらスケーラビリティを向上させようと、サイドチェーンシャーディングのようなソリューションや、DPoSなどのコンセンサスアルゴリズムが提案されているという状況です。

プライベート/コンソーシアムチェーン

参加者が限られる(パーミッションドな)コンソーシアム/プライベートチェーンは、それぞれ一つの組織内や複数の組織によるコンソーシアム内で使われるブロックチェーンです。参加者が決まっているため、正しい取引の承認を促すためのインセンティブとしてトークンを発行する必要もありません。大手IT企業などが提供するBaaS(Blockchain-as-a-Service)はほとんどの場合コンソーシアム/プライベートチェーンとしての利用を想定しており、貿易金融、サプライチェーン、株式・債券の決済などの領域で実用化も進んでいます。

プライベート/コンソーシアムチェーンのメリット:

  • 台帳が関係者にのみ共有されておりプライバシーが保護される。
  • 取引承認者が限られているため合意形成(取引承認)スピードが速い。 
  • マイニング報酬が必要なく手数料が安く済む。 

プライベート/コンソーシアムチェーンチェーンのデメリット:

  • 台帳が公開されておらず透明性が低い。
  • 特にプライベートチェーンでは管理者による改竄の恐れがある。

ブロックチェーンを取り巻く主要ビジネス

ブロックチェーンを取り巻くビジネスには、チェーンの開発主体以外にも様々な形態のビジネスが存在します。むしろチェーンの開発自体はオープンソースで非営利的に行われ、逆にその周辺ビジネスが営利目的の活動をしている場合が多いです。

  • マイニング:パブリックチェーンの取引承認競争に参加し、手数料として取引実行者から与えられる、または新たに発行される仮想通貨を獲得するビジネスです。ビットコインとイーサリアムを動かすPoWでは、大量のコンピューティングパワーを消費して暗号学的な問題を解くことが取引の承認にあたり、それに対し報酬が与えられるので、利益を得るためには電気代の安い地域で大量のマシンを稼働させる必要があります。

  • 取引所:仮想通貨を売買するためのプラットフォームです。法定通貨での購入に対応しているものと、仮想通貨同士の交換にのみ対応しているものが存在します。マッチングエンジンを用いてオーダーを突き合わせるタイプが一般的ですが、売り手・買い手を見つける場を提供するのみの形態(OTC)もあります。

  • ウォレット:仮想通貨を保管するためのデジタルウォレットです。取引所に資産を預けたままではハッキングの恐れがあるので、ウォレット、特に秘密鍵を自分で管理するタイプのノン・カストディアンウォレットで資産を保管するのが安全とされています。

  • ファンド・ベンチャーキャピタル:仮想通貨投資を行うファンドや、ICOトークンへの投資を行うベンチャーキャピタルも存在します。取引所での投機的な売買を行うところもあれば、ICOプロジェクトの私募に参加し、取引所に上場した後に売却、その売買差益を狙うところもあります。

  • コンプライアンス業者:匿名性が高く中央集権機関の検閲を受けない仮想通貨は、マネー・ロンダリングに利用されるリスクをはらんでいます。そこで取引所やICOトークンの発行体は、ユーザーやトークン購入者に対してKYC(顧客の身元確認)やAML(マネー・ロンダリングに関わっている恐れのある人物であるかのチェック)を課していますが、このKYC/AMLサービスを提供する専門業者も存在します。

  • アドバイザリーファーム:法律や税制の面でアドバイスを行う事務所のほか、ブロックチェーン事業一般に対してコンサルティングを行うファームも存在します。

まとめ  

このように、一口にブロックチェーンと言っても、パーミッションレスとパーミッションドでは性質や適切なユースケースが全く異なりますし、それを取り巻くビジネスにも様々な形態が存在します。

パブリックチェーンは特定の機関を信用することに伴うリスクを回避したい場合に適しています。例えばデポジット料金の取り付け騒ぎで話題になっている中国のシェア自転車大手ofoの事例で、イーサリアム上にデポジットを預けておくと仮定すると、その残高は公開台帳で確認可能で退会時もデポジットの返還をプログラムで自動執行できるので、消費者はofoのデフォルトリスクから逃れることができます。
一方プライベート/コンソーシアムチェーンは、関係者間で台帳を共有し情報伝達のコストを削減したい場合に適しています。特に、デジタル化が進んでおらず関係者間で複雑なやり取りが行われる貿易金融のような領域では、郵送やFAXでやり取りしていた信用状や船荷証券をコンソーシアムチェーンで瞬時に送ることができれば、輸出者の代金回収や輸入車の商品回収までのタイムラグ短縮が期待できます。

ここで説明した内容はあくまでも入り口に過ぎませんが、このような全体像をざっくり把握しておくと、特定の分野を深掘りしていくにあたっても方針が立てやすいかと思います。

ブロックチェーン学習のすすめ

ブロックチェーンの具体的な勉強方法としては、ビットコインやイーサリアムなどの主要なチェーンの仕組みや活用事例をより細かいレベルで掴んだ上で、ハードフォーク・アップデートや、法規制、各事業者の動向など、ニュースやトレンドをこまめに追っていくのがおすすめです。基礎は理解できたので特定の分野についてより深く理解したいという方は、専門家による書籍やKOLのブログ、リサーチ組織が配信するレポートも役立ちます。
では書籍、ニュースメディア、KOLでそれぞれおすすめのものやフォローすべき人物を紹介します。

書籍

大学生リサーチャーのmeganさんが網羅的に紹介してくれています。全部読んでいると時間がかかるので、自分が注力したい分野から読んでいくのがおすすめです。

www.yamato0506.info

ニュースメディア

ニュースメディアにも色々ありますが、情報源がしっかりしており信頼できる英語のメディアを見るのがベストです。日本語でも信頼できるメディアはありますが、業界の情報は必ずと言っていいほど英語で出てから日本語訳され、そこにタイムラグが生じます。中には英語でしか読めない深い考察記事もあったりするので、できるだけ英語で情報を追うべきです。
また、参照している情報源は適切でも、読者を惹きつける内容を目指すあまり誤解が生まれかねない形で伝えられていることもあることもあります。特に規制関連のニュースは事実を正確に把握するのが肝要なので、必ず公式機関が発表した一次情報を確認することをお勧めします。

英語と日本語のお勧めメディアを紹介します。いずれもTwitterアカウントをフォローして置くとニュースをクイックにチェックできるので便利です。

  • CoinDesk:英語、日本語版もローンチ予定

www.coindesk.com

  • CoinTelegraph:英語、日本語

cointelegraph.com

jp.cointelegraph.com

  • CCN(Cryptocurrency News):英語

www.ccn.com

  • CoinChoice:日本語

coinchoice.net

  • CoinPost:日本語

coinpost.jp

KOL(Key Opinion Leader)

業界ではよくインフルエンサーという言葉も使われますが、周囲への影響力の強さだけではなく高い専門性を持つ方、という意味でKOLという言葉を使っています。個人の興味関心や集めたい情報によってフォローすべきKOLは変わってくるので、ここで挙げる以外にも幅広くTwitterアカウントをチェックしてみることをおすすめします!

  • 平野淳也さん:ブロックチェーンスタジオのHashHubやリサーチ組織のd10n labを運営しています。  

twitter.com

  • indivさん:Ethereumをはじめとするパブリックプロトコルに関する発信が多めです。リサーチ組織のTokenLabの設立者でもあります。

twitter.com

  • ryuさん:アメリカ在住の投資家で、新規プロジェクトの目利きと迅速な情報発信に定評があります。私もICO調査に専念していた時には大変お世話になりました。

twitter.com

  • さばCatさん:アメリカ在住の弁護士で、SECの法規制をプロの目線からに解説しています。

twitter.com

  • Meganさん:現役大学生のスーパーリサーチャーで、法規制と中国のブロックチェーン事情に詳しいです。プライベートでも仲良くさせてもらってます!

twitter.com

  • Osukeさん:ブログ「Zoom」は技術寄りですが解説が非常に丁寧で、初心者にもおすすめです。現在はLayerXというブロックチェーン企業で活躍しておられます。

twitter.com

  • 極度妄想(しなさい)さん:イーサリアムやEOSなどのパブリックプロトコルを技術的側面から研究しておられます。示唆に富むツイートが個人的にはツボです。

twitter.com

リサーチレポート

  • d10n lab:平野淳也さんが運営するリサーチ組織です。

d10nlab.com

  • TokenLab:indivさんとCoffee Timesさんが運営するリサーチ組織です。

blog.token-lab.org

  • Huobi Research:大手取引所・Huobiが出しているリサーチレポートです。(英語・中国語)

research.huobi.cn

  • Binance Research:世界最大の取引所・Binanceが出しているリサーチレポートで、Binance上場銘柄に関する考察が多めです。(英語)

info.binance.com

番外編:中国情報を集めるのに役立つメディア

中国では2011頃からビットコインやブロックチェーンを研究するコミュニティが生まれ、一時期はアメリカや日本をしのぐ世界最大のビットコイン市場にまで成長、BinaneOKExHuobiBITMAINなど業界を代表する企業も多く輩出してきました。
中国ブロックチェーン業界のトレンドにも関心が集まっている一方で、日本語や英語でアクセスできる情報は限られています。そこで私もよく中国語のソースを参照しつつ、日本語で情報発信をするようにしています。
ここでは個人的によく参考にしている中国のブロックチェーンメディアを紹介します。中国語の勉強がてらぜひチェックしてみてください。

  • 金色財経:Huobi FounderのDu Junが立ち上げたメディアで、中国二大ブロックチェーンメディアの一つです。

www.jinse.com

  • 8BTC:2011年にJihan Wu(後にBITMAINを創業)らが創業、金色財経と並ぶ中国二大ブロックチェーンメディアです。

www.8btc.com

  • 36kr:中国スタートアップメディアとして定評がありますが、ブロックチェーン関連ニュースも充実しています。

36kr.com

  • BlockData:中国ブロックチェーン産業に関する詳細なレポートが無料で読めます。

www.blockdata.club

総括

ブロックチェーンに対しては、何だか難しそうでつかみどころがない…という印象を抱きがちですが、全体像を理解した上で適切なソースを使い情報収集していけば、楽しみながら勉強していけるはずです。分野をまたいで生まれる知的好奇心、日々変化していくトレンド、多様なバックグラウンドの優秀な人たちが集まるコミュニティ...ブロックチェーンの世界に一歩踏み込めば刺激的な毎日が待っていること間違いなしです。
一緒に頑張っていきましょう!

※本ブログがお役に立ちましたらご支援いただけますと幸いです。頂いた書籍は勉強に使わせていただきます:Amazonほしいものリスト